人気ブログランキング |

もっとMarble

<   2017年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧


相模原の事件から一年経って…

こんにちは、代表の国沢です。

相模原の「津久井やまゆり園」の事件から、
1年経ちました。
1年前、私がfacebookに
「友達限定」で投稿したメッセージを、
こちらにも残しておく事に致しました。
ちょうど、1年前、
日頃は、元気ピンピンの私が、
大腸炎で1週間入院した直後に
起こった事件でした。

原文のまま載せますm(__)m
b0294751_19204116.jpg

【友達限定公開:2016年7月FB投稿】 

私は今、ニュースを見られません(=_=)
大腸炎の病み上がりなので、
ストレスをかけられないから…
でも、それが無くても、
詳細なんて知りたくもない…

障害児のいる家族にとって、
あんなに大きなストレスがかかる
ニュースはありません…
「津久井やまゆり園」の事件。

まずは、ご遺族に、
心から、哀悼の意を捧げます。

今までも、色々おありだったでしょう。

でも、家族は、行きつ戻りつしながら、
「家族ルール」を決め、
工夫をしながら、
本人を支え、周りを信じ、
日々暮らしているのです。

そんな今までの日々も、
これからの日々も、
犯人によって、
突然、断ち切られてしまいました。

もし、息子がそんな目にあったら…
b0294751_19285222.jpg
考えただけでも、苦しくて、
頭が変になりそうです。

障害のある人は、
「効率主義」、「営利主義」
「結果重視」、「優性思想」
…といった事が大切にされる社会であれば、
取り残されてしまいます。

家族は、
障害のある子どもを持ったことで、
大変なことがあるにせよ、
応援しながら、暮らしています。

けれど、振り返ってみると、
「応援」しているはずだったのに、
親自身が「応援」されている事に
気付きます。

私自身の変化としては、
「肩書」「学歴」「学説」などに、
とらわれなくなりました。

その結果、
◆「効率」「成果」ばかりを重視しない、
彼らに流れている「時間」を尊重したい…

◆「学説」だけにとらわれず、
彼ら自身をよく見て、
彼らの無限の「可能性」を信じたい…

…と、やわらかく変わっている
自分に気づきます。

障害のある人の存在は、
周りの人に、そういう事の「大切さ」を
身をもって教えてくれているのかな…
と、感じることがあります。

●障害のある人にとって「優しい社会」は、
きっと、誰にとっても「優しい社会」

●自分もいつか、何かのきっかけで
「障害者」になっても、
こわくない、悲しくない…そんな社会。

応援したり、されたり、
迷惑かけたり、かけられたりしながら、
暮らしていけたら…
どんなにいいだろう。

私たち障害児の親は、おそらく、
彼らより先にこの世を去ります。

けれど、去る前に、
障害のある子どもが、
「安心して頼れる場」、
「安心して「助けて」と言える場」を
確保しておきたいのです。

そして、私の「願い」は、
息子がいつかこの世を去る時…

「僕は、生まれてきて、よかった。
楽しかったな、幸せだったな…」

と、感じてくれること。
それが、私の究極の「願い」です。


以上。
これが、あの事件のあと、
facebook友達限定で公開した私の投稿です。
シェアはお断りしておりました。

あの当時、私はこのニュースに対し、
自分の想いが整理できない状態だったからです。
今も、整理できたとは言えません。
けれど、残しておこう…
そう、思いました。
・・・合掌・・・

<記;国沢真弓>


by marble-family | 2017-07-24 19:29