人気ブログランキング | 話題のタグを見る

もっとMarble


一般社団法人「発達障がいファミリーサポート Marble(マーブル)」のブログです
by marble-family

この時間は、大切(^^)/

こんにちは、

Marble代表の国沢です。


Marbleは、今年20236月、

10周年を迎えました。

これも、ひとえに、

応援してくださる皆さまのおかげと、

心より感謝申し上げます。


Marbleは、

発達障害児の「家族支援が目的」の法人です。


●そのために、何ができるか?

●何が、必要とされているか?

・・・を、探し続ける10年間でした。


スタッフは皆、発達障害児の親ばかりなので、

ハッキリ言って、無理はできません。


そんな中、この10年間、

本当に、いろいろなことをしてきました。


●「講演」300回以上、

この時間は、大切(^^)/_b0294751_14303197.jpg


キャラバン隊での啓発活動
この時間は、大切(^^)/_b0294751_14303210.jpg


講演会での国沢


●「相談」1000名以上、

この時間は、大切(^^)/_b0294751_14302498.jpg


相談事業の会場、三鷹市公会堂さんさん館


●「イベント開催」30回以上、
この時間は、大切(^^)/_b0294751_14301261.jpg

Marbleイベントにて、パーソナルカラー診断

この時間は、大切(^^)/_b0294751_14442368.jpg
Marbleイベント、初心者ズンバ教室

この時間は、大切(^^)/_b0294751_14301410.jpg


Marbleイベント、初心者ウクレレ教室


・・・などなど、本当に、いろいろ。


設立から前半の5年間は、

「障害のある人もない人も混ざり合う、

そんな社会になりますように!」

この時間は、大切(^^)/_b0294751_14303440.jpg


「マーブル」のお菓子を製作中

と、大きな野望を胸に、

大がかりなイベントなども開催しましたが、

この時間は、大切(^^)/_b0294751_14302438.jpg


2016年7月オーケストラのコンサート

この時間は、大切(^^)/_b0294751_14302511.jpg
2019年「アンガーマネジメント&立ち居振る舞い講座」


少ないスタッフで、

発達障害児の子育てをしながらだったため、


少し無理をしていた感はあります。
(つまり、疲弊してしまったのです)汗


また、私の場合は、

「発達障害に関わる仕事を、

仲間と一緒に、継続していきたい!」

と言う想いが強かったのですが、


すべてのスタッフが、

「仕事」として、やりたい訳ではない・・・

という事に気づいた10年間でもあります。


発達障害を持つ我が子たちが、

ひとりひとり全く違うように、

親もまた、ひとりひとり

求めるものが違うのですよね。


そこで、「程よく仕事をする」

・・・その兼ね合いを探ってきたのが、

後半5年間です。


「出来るひとが、出来るときに、出来る形でやる」

そんな仕事の仕方でないと、

発達障害児の子育てや、

親の介護などとの両立は、難しいからです。


そして、ここ2年くらい、

だんだん、その形が収まってきました。


【A】発達障害児の親ならではの仕事

(発達障害児を育てているからこそ、

その「経験」や「スキル」が必要とされる仕事)

【B】そうではない仕事

に分けて・・・


【A】の仕事は、

「ここの部分なら、手伝える」

と、それぞれの「得意」を活かし、

手伝ってくれる、

発達障害児の母親スタッフで分業しています。


Bに関しては、

「マーブルの主旨に賛同し、

持てる時間を提供しますよ」

と言ってくださる、

地域のシルバー世代の皆さまに、

助けてもらっています。


「最初から、そうすれば良かった」

・・・と思うくらい、

もっと早く「助けて」と言えば良かったなぁと

感じています。


発達障害児の我が子たちの子育てでは、

「ひとりで抱え込まない、

まわりに助けてと言えることが大切」

と、私自身あちこちでアドバイスしているのに、

自分のこととなると、

気がつかないものですね(笑)


今日読んでくださっている皆さまには、

「こんな法人もあるんだなぁ」

と、知っていただけるだけで嬉しいです。


そうそう、

営利目的、効率重視の団体だったら、

ブログの更新も、もっとマメに行っていますよね。

(このブログ「もっとMarble」の

前回投稿は、な・な・なんと約3年前!)


「のんきな法人もあるんだなぁ」

と、あたたかい目に見守ってくださると、

大変、大変、嬉しいです。


最後に、10年間活動してきて、

私が、気づいたことをお伝えします!


それは、Marbleは、まるで、

「発達障害児の子育てのような法人」

だったんだなぁ・・・ということ。


そのとき、そのときで、軌道修正しながら、

「スモールステップ」で、

「こうあるべき!」という概念を持たず、

「こんな法人があっても良いのでは」という思いで

育ててきました。


きっと、これからも、

必要とされることを探りながら、

仲間と無理せず、周囲の力も頼って、

歩んでまいります。


そんなわけで、今後とも、

一般社団法人発達障がいファミリーサポートMarble

を、どうぞよろしくお願いいたします。


誰もが、暮らしやすい

「寛容な社会」になりますように・・・

そんな願いを込めて。


<記:kunisawa



by marble-family | 2019-10-27 01:26
<< 2020年、よろしくお願いします! 異国に行って、気づくこと♪ >>