人気ブログランキング |

もっとMarble


一般社団法人「発達障がいファミリーサポート Marble(マーブル)」のブログです
by marble-family

<Marble誕生ものがたり(第1弾)>

こんにちは、国沢です。
「もっとMarble」と名付けた、
こちらのブログに、
なかなか投稿できないまま、
一年以上経ってしまいました💦

さて!
そんな間にも、当法人「Marble」は、
この6月に、6周年を迎え、
7年目がスタートしました。

ふし目なので、
Marble誕生に至った経緯を
ちょっと振り返ってみます(^.^)/
(お時間とれる方、
読んで下さいね♪)

思えば、2004年…、
住んでいる三鷹市に、
発達障害児の親の会「モンブランの会」
設立してから、なんと15年!!
(…という事は、私も、
●十代から○十代へと成長)💦

あの当時、
発達障害が判明したばかりの
3歳だった息子も、早18歳。 
仕事を始めています。

親の会を、
「モンブランの会」と名付けたのは、
「三鷹市発達障害児・親の会」では、
皆さん参加しづらいかなぁ…
と考え、私の大好きなケーキ
「モンブラン」を採用した次第です(笑)
b0294751_18202296.jpg
当時10名程で、立ち上げた会も
70名程に成長しました(^o^)

今でも、月1回の「お喋り会」を、
欠かさず開催しています。
(三鷹市以外の方も、
ゲスト参加しています。)

この「モンブランの会」に
私は、どんなに救われたことでしょう。

運営していく手間は、
正直かかりましたが、
それを上回る<良いこと>が、
た~くさん、ありました!

なにより、孤立しなかったこと。

不思議で、緊張感いっぱいで、
何が起こるか予測がつかない
発達障害児の<子育て>を、
専門家だけに頼り、家族だけで
乗り越えようとしていたら、
おそらく、私は、つぶれていました。

「こんな事があった、
あんな事があった」
と、気兼ねなく話せる仲間がいて、

自分の子どもが
やらかしてしまった事を、
<笑い話>に出来てしまう…
な~んて事、
他の場では、ありえません。

もちろん、
<笑い話>にならない事も
多々ありますが💦
そんな時も、仲間が一緒に、
泣いてくれたり、
場合によっては、
怒ってくれたり…。

子どもに知的な遅れが
有る無しに関わらず、
持っている<困難さ>は、
似ているので、

会のメンバーは、
どの人の話にも、耳を傾けるし、
その苦しみも、
乗り越えた時の喜びも、
わかちあえる…。

ちなみに、「モンブランの会」は、
発達障害の子どもの保護者ならば、
知的に遅れ有る無しに関係なく、
診断がつく前でも関係なく、
ウェルカムです♪

(…そのようにした事の
「良かった点」も、
また別の機会にお伝えしますね。)

「モンブランの会」のように、
安心して話せる「ひととき」が、
あることの心地よさ。

行きたい時に参加して、
気乗りしない時は参加しない…
と、選べる心地よさ。

月1回の「定例会」(お喋り会)は、
ずっと継続しながら、

別の日には、
★<福祉バス>を借りて、
子どもも一緒に、みんなで
「葛西臨海公園」に行ったり、
★長瀞まで「SL」に乗りに行ったり、
★講師を招いて「勉強会」をしたり、
★親子ボーリング大会をしたり、
★市の担当者に
「福祉サービス」の説明を受けたり、
…と、色々なことを
してきました。

b0294751_21360776.jpeg
(毎年クリスマス会は「ケーキバイキング」、
「ビンゴ大会」などで盛り上がります♪)


・・・そう・・・
「会」を続けていくと、
会費も集めていますし
(と言っても、月100円!)安っ!
何かしら始めざるを得ないのです。

そのこと自体は、
<楽しい面>も、<プラスの面>も、
たくさんあるのですが、

ただ、そのせいで、だんだんと、
月1回の「定例会」が、
純粋な「お喋り会」だけでは、
なくなってきてしまったのです。

「何かをやる」という事は、
それを中心になって進める
「担当者」が、必要になりますから…。

更に、2009年からは、
会の有志、約10名で、
「キャラバン隊モンブラン」
という講演団体を立ち上げ、
学校や、保健センターなどで、
<発達障害>の事を
伝える活動を始めるようになった事で、

「モンブランの会に参加すると、
何か、やらされるかも!!?」
という空気が、
漂い始めてしまったのです。

これでは、<本末転倒>です

もともと、
私が「会」を作ったのは、
同じ立場の保護者が集まり、
安心して、日々の辛かったこと、
報われたことを話し、
情報交換をして、
帰る時には、笑顔になってほしい…
という、
ただ、それだけの<想い>だったのに…

「会」自体が、
「負担」になってしまっては、
ただでさえ、
「負荷」の多い子育てなのに、
それでは、いけません(;^ω^)

それならば
<バリバリ活動している部分>を
他に移し、「モンブランの会」は、
<ユルユルの、純粋なお喋り会>
としての機能だけを残そう!

そんな思いで、
2013年6月に、一般社団法人を設立。

<バリバリ活動する部分>
●講演活動、
●相談支援活動、
●イベント企画・開催
などを、行っていくために…。

法人の名前は、
「発達障がいファミリーサポートMarble」
にしました。

超長い名前ですが、この中には、
「本人支援というより、家族の支援…」
という<願い>が、詰まっています。

特に、子育てを直接担うことが多い、
ママ達(もちろんパパも)が、
少しでも「ラク」になるように…
という思いが
「ファミリーサポート」という部分に
込められています(^.^)

親が楽になり、少しでも元気になれば、
それは、子どもにとっても、
きっと、良いことだから…
結果<ファミリー全体>の
底上げになります

そして、
「Marble(マーブル)」という部分の
ネーミングには、
「マーブル模様」のように、
さまざまな人が混ざり合って、
尊重し合う社会になってほしい
と言う願いが込められています。

だから、長くても、
「ファミリーサポート」も
「マーブル」も、
ネーミングとしては、両方必要なんです。

実際、法人名を書くときは、
私も、「あぁ~長い、面倒くさ💦」
と、思うこと、しばしば…(笑)

このようにして、
法人「Marble」は、
2013年6月4日、誕生しました。

Marbleのロゴは、こちら♪ ↓
b0294751_21380802.png

親の会「モンブランの会」の仲間に、
理事やスタッフとして手伝ってもらい、

更に、既に、ご縁がありました、
医学博士、小児科医、小児神経専門医の
松田博雄さんに理事、

株式会社「キズナ・ば」代表取締役の
羽田野二稔さんに監事になって頂き、

スタートすることが出来ました。

私は、大学卒業後、
ず~っと、仕事をしてきたのですが、
法人の<代表理事>は、初めてですし💦

判らないことだらけで、
最初は、パニックになっておりました=。
(息子のパニックの辛さが、
ほんの少し、分かったような…)笑

今でも、
「ぎゃ~~~何をすれば良いの?」(涙)
となる事は、いっぱいありますが、

でも、とにかく、
私自身の<想い>が、ぶれないこと!
ここだけは、自信があります。

「発達に課題のある子の
家族を応援する!」
その為に、
「孤立をさせない」
という思い…。

「させない」…なんて、
偉そうな言い方は、
よくありませんね。
(だって、そんなたいした事は
できないから💦)

ただ、
「親にも居場所を作る」
「親の元気を応援することが、
子どもの幸せにもつながる!」
・・・
その事だけは、大切にしています。

はぁ~~~
「Marble」設立までの話で、
こんなに長くなってしまった(汗)

読んで下さった、優しいあなた…
ありがとうございます。

それでも、
こういった「親の会」や
「法人」を作りたい…と
思っている方に、
少しでも参考になれば、
嬉しいです。

もちろん、
それ以外の方も、
「ふ~~ん、そういうプロセスが
あったんだ…ご苦労なこった!」
くらいでも、感じて頂けたら、
大変嬉しいです。

今回は、この辺でm(__)m

「Marble」設立後の、
あんな事、こんな事、は、
<マーブル誕生ものがたり第2弾>
で、またお伝えしますね。

読んで下さる方が、
いることを、祈りつつ!(笑)

お付き合い、
ありがとうございました!

これからも、
法人「Marble」を、
よろしくお願いします。

<記:KUNISAWA>



# by marble-family | 2019-07-15 21:56

ミュージカルを鑑賞♪

こんにちは、国沢です。もうすぐ、クリスマスですね(^.^)今日は、私の息子と、劇団四季の「ミュージカル」を観てきました♪ 毎年、この時期に、 「障害のある子ども達に、ホンモノの舞台芸術を観てほしい」と、日産労連NPOセンター「ゆうらいふ21」さんが主催。http://www.u-life21.or.jp/03_charity/03_index.html我が法人「Marble」も、40名ほど ご招待いただきましたm(__)m四季の「ミュージカル」、 生の迫力は、違いますねー!! 息子は、ノリノリで観ていました(笑)会場では、声を出してしまう子、動き回ってしまう子、さまざま居ましたが、「お互いさま」…と言う感じが、あたたかく居心地がよくて、皆さん、気兼ねなく、楽しく鑑賞していました。{"tag":"
b0294751_23503066.jpg
","htmlTag":"","params":{"url":"http://pds.exblog.jp/pds/1/201712/19/51/b0294751_23503066.jpg","width":480,"height":640,"align":"mid"}}「こういう空間」必要なんだなぁ…と感じます。かつて、「Marble」でも、オーケストラのクラシックコンサートを開催しましたが、その時も、私は、開演前の挨拶で、「きょうは、お子さんの事、シッと怒らないで下さいね。後の扉も開けっ放し、居づらければ途中で出ても大丈夫!会場も明るいままです。多少動いても、声を出してもOKです!安心して、みんなで音楽を楽しみましょう」とお伝えしましたが、今回の「ミュージカル」も、そんな温かさに溢れていました。私の法人では、コンサートを3回しか開催していませんが、日産労連さんは、40年もの間、毎年毎年、開催して下さり、既に100万人以上の、障害児とその家族が、プロのミュージカルを楽しんでいるのです!!素晴らしい!ブラボー!!なにごとも、「続けること」は、大変なことです。「良いこと」と判っていても、ずっとずっと変わらず続けるのは、並大抵なことでは、ありません。感謝、感謝ですm(__)mさて、今日は鑑賞後、息子と 美味しい「イタリアン」を食べ、その後 「クリスマスプレゼント」も買ってあげて、 息子にとって、 「Happy満載の日」となりました(^.^)/先日、息子は、こんな事を言っていました…「自分の気持が、パズルだったらいいのに…」「いやな気持・悲しい気持をはずして、うれしい気持・おだやかな気持を入れるんだ」って。「すんごい表現するな~★」と、思わず感心しちゃいました! 親バカですね…(笑)m(__)mでも、今日の体験は、間違いなく息子にとって「嬉しいピース」のはずです♪そんな体験を、いっこずつ、増やしていきたいなぁ…(o^v^o)皆様もね…♪<記:国沢真弓>

# by marble-family | 2017-12-19 23:53

相模原の事件から一年経って…

こんにちは、代表の国沢です。相模原の「津久井やまゆり園」の事件から、1年経ちました。1年前、私がfacebookに「友達限定」で投稿したメッセージを、こちらにも残しておく事に致しました。ちょうど、1年前、日頃は、元気ピンピンの私が、大腸炎で1週間入院した直後に起こった事件でした。原文のまま載せますm(__)m
b0294751_19204116.jpg
","htmlTag":"","params":{"url":"http://pds.exblog.jp/pds/1/201707/24/51/b0294751_19204116.jpg","width":480,"height":330,"align":"mid"}}【友達限定公開:2016年7月FB投稿】 私は今、ニュースを見られません(=_=)大腸炎の病み上がりなので、ストレスをかけられないから… でも、それが無くても、 詳細なんて知りたくもない…障害児のいる家族にとって、あんなに大きなストレスがかかる ニュースはありません…「津久井やまゆり園」の事件。まずは、ご遺族に、心から、哀悼の意を捧げます。今までも、色々おありだったでしょう。でも、家族は、行きつ戻りつしながら、 「家族ルール」を決め、工夫をしながら、 本人を支え、周りを信じ、 日々暮らしているのです。そんな今までの日々も、これからの日々も、 犯人によって、 突然、断ち切られてしまいました。もし、息子がそんな目にあったら…
b0294751_19285222.jpg
","htmlTag":"","params":{"url":"http://pds.exblog.jp/pds/1/201707/24/51/b0294751_19285222.jpg","width":265,"height":177,"align":"mid"}}考えただけでも、苦しくて、 頭が変になりそうです。障害のある人は、 「効率主義」「営利主義」 「結果重視」「優性思想」…といった事が大切にされる社会であれば、 取り残されてしまいます。家族は、障害のある子どもを持ったことで、 大変なことがあるにせよ、 応援しながら、暮らしています。けれど、振り返ってみると、 「応援」しているはずだったのに、 親自身が「応援」されている事に気付きます。私自身の変化としては、 「肩書」「学歴」「学説」などに、とらわれなくなりました。その結果、◆「効率」「成果」ばかりを重視しない、彼らに流れている「時間」を尊重したい…◆「学説」だけにとらわれず、 彼ら自身をよく見て、 彼らの無限の「可能性」を信じたい……と、やわらかく変わっている自分に気づきます。障害のある人の存在は、周りの人に、そういう事の「大切さ」を身をもって教えてくれているのかな…と、感じることがあります。●障害のある人にとって「優しい社会」は、きっと、誰にとっても「優しい社会」●自分もいつか、何かのきっかけで「障害者」になっても、こわくない、悲しくない…そんな社会。応援したり、されたり、 迷惑かけたり、かけられたりしながら、 暮らしていけたら…どんなにいいだろう。私たち障害児の親は、おそらく、 彼らより先にこの世を去ります。けれど、去る前に、 障害のある子どもが、 「安心して頼れる場」、 「安心して「助けて」と言える場」を確保しておきたいのです。そして、私の「願い」は、 息子がいつかこの世を去る時…「僕は、生まれてきて、よかった。 楽しかったな、幸せだったな…」と、感じてくれること。それが、私の究極の「願い」です。以上。これが、あの事件のあと、facebook友達限定で公開した私の投稿です。シェアはお断りしておりました。あの当時、私はこのニュースに対し、自分の想いが整理できない状態だったからです。今も、整理できたとは言えません。けれど、残しておこう…そう、思いました。・・・合掌・・・<記;国沢真弓>

# by marble-family | 2017-07-24 19:29

マーブルケーキ&クッキー製作秘話🎵

「マーブル」のHPを作成するにあたって、
柔らかいイメージを出したい…と思っていた。

ほら、法人の事業内容が、
「発達障がいのある人たちを応援!」
という事なので、堅くて、暗い感じではねぇ…
引かれちゃいますよね~(>.<)y-~

そんな時、ふと思い浮かんだのが…、

「そうだ!
私の大好きなマーブルクッキーとケーキを
トップページの写真にしよ~!
どうせなら、自分で作っちゃお~!」と…。

マーブルクッキーは作った事あるけど、
マーブルケーキは作った経験無し…(/--)/ 

…で、お友達の成澤さんに相談して、
お菓子教室の先生、佐久間さんを紹介して頂き…

7月のある日、
半日がかりで、マーブルクッキーとケーキを製作!

ぶわ~んと混ざったマーブル模様にするのが、
素人には難しく、
ちゃんと佐久間さんに教えて頂いて、
ほんと、よかったデス。 感謝、感謝!!

ちなみに、マーブルケーキの方はチョコ、
マーブルクッキーの方は、紫芋のパウダーを入れ、
マーブルの感じを出しました。

あま~い香りに包まれ、
幸せ~なひととき…(*^.^*)

そんな風にして出来上がった
手作りのマーブルケーキとマーブルクッキー、、
b0294751_21313564.jpg


HPも、イメージ通り、
柔らかく、温かいムードになりました。

でも、法人名が「マーブル」で、
写真が、「ケーキやクッキー」だと、
パッと見た人は、「お菓子教室のHP?」と、
思っちゃうかもね。。。(≧∇≦)

いつか、法人主催のイベントなどで、
マーブル系のお菓子をプレゼントする…なんて、
いいかもね。。。(≧∇≦)

あぁ、その前に、
事業を軌道に乗せないとね。。。(≧∇≦)

ふ=、ファイト!

<記;国沢 真弓(^^)>

# by marble-family | 2013-10-11 21:34

Marbleロゴ誕生♬

「Marble」のロゴ、素敵でしょう?(^_-)

代表国沢の高校時代の友人、デザイナーの
高橋玲子サンが作ってくれました♪<(_ _)>♪(^_-)

一般社団法人「発達障がいファミリサポートMarble」の
“願い”や“想い”が、いっぱい詰まっているこのロゴは、
周りの方々からも、とっても好評です!

高橋サンは、海外に住んでいるので直接会えず、
メールでのやりとりで、私の様々な要望(ワガママ><)を、
しっかり受け止めてくれました~<(_ _)>。

たとえば、こんなリクエストの数々…

b0294751_9312784.jpg
★マーブルの「混ざり合う感じ」を出してほしい
★「渦巻き」のモチーフが好きなので使ってほしい
★○を飛ばしてほしい。
⇒○で、人との「縁(円)」を表したいから。
★○の大きさも様々にしてほしい
⇒○は人を表し「大人」も「子ども」もいるという事を
 大きさで表現したいから
★○の色も様々に変えてほしい
  ⇒地球上には、様々な人種がいるから
★「涙」のモチーフも好きなので、どこかに使ってほしい。
  ⇒「泣いたこともあったなぁ」…と心に刻んでおきたい為。
★「Marble」の文字は、渦巻きのデザインと合う感じにしてほしい
★ピンクと紫の間の色が好きなので、使ってほしい
★自閉症のシンボルカラーのブルーも、使ってほしい
★明るく、元気で、前向きになる感じが伝わってほしい

…とまぁ、よくこれだけたくさん(>.<)y 
完成に行きつくまで、何回も、メールでやりとりをして、
写真のように。。。
いくつも候補のロゴを作ってくれました<(_ _)>

高橋サンの、デザインのプロらしい仕事ぶりにも感動したけれど、
…と同時に、お忙しい中、誠実にこたえてくれる、
その気持ちにも、感謝の気持ちでいっぱいです。

こうやって、まわりの人に支えられながら、
生きているんだなぁ…(u_u)o…しみじみ…

そして、こうやって、
それぞれの得意な部分、持ち味を活かしながら、
生き生きと暮らせる社会になるといいなぁ…。

<記;国沢 真弓>

# by marble-family | 2013-09-11 09:34